プロフィール

Juri Moriyama

Author:Juri Moriyama
TW2『シルバーレイン』キャラ、森山樹里のページでございます。

◆楽器も大好きなのですが、ドラマは更に大好きなので、結構ドラマの話などが多くなるかもしれません(笑)
◆好きな俳優・タレントは、玉木宏、タモリ、ムーディ勝山、上野樹里、上戸彩、堀北真希・メグ・ライアン その他いるけど今現在お気に入りの方を並べてみましたw

・生まれはオーストリアのウィーン。小学校中学年あたりで日本に。それからしばらくは北海道で過ごす。
・高校に入る前に、父が転勤になり神奈川へ引っ越す。
・ウィーンでは母の影響で音楽に親しむ機会が多かった為、クラシックを中心にした楽器の演奏練習などをよくしていた。そのおかげか、今では色々と楽器を使いこなせるように。
・中でも得意なのは管楽器。テナーサックスはよく吹いているようだ。

=====
 この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は綾乃ゆうこに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=====

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトンきたけど、

昨日書こうと思ったら、サーバーに繋がらなかった。
アクセス集中って出てたけど、結局はサーバーのトラブルだった模様。
ま、人間の作ったものだからね、完全なものなんてないのよ。



えーっと、バトンバトン。
玲樹くんから回してもらったものなんだけど、そのうちのひとつね。
これはなんてタイトルのバトンだったっけ?

恋愛感とかそんな感じのにしては、最後の方は色の設問だったし。

んー、ド忘れしたのでそのまま回答してみました。
どっちかというとあまり堂々と載せられるようなものでもなさそうなので、興味ある方は「続きを読む」でどうぞ。


続きを読む »

スポンサーサイト

冗談じゃない!第10話

あと1話で終わりです。
3ヶ月ってほんとに早いですね。

本来なら毎週あらすじとか書いていきたかったんですが、どうも覚書程度に書くにしてはなんか長くなってしまう傾向にあったので、途中で挫折していたというか。

第9話で、圭太が絵恋に全てを話しかけた、というところで終わっていたわけですが、もちろん今週はそこから始まるわけで。
初っ端からもうドキドキもんです。
絵恋も冷静装ってたけど、そりゃ、自分の母親の元カレが自分の旦那なんて知らされたら……
そんな落ち着いていられないですよね。

ましてや、母親にもウソつかれていたって事になるんだから。

この第10話が、このドラマの核、のような感じだったんでしょうね。

・絵恋に全てを話す圭太。
・ベル・ファミーユの閉店をどう切り抜けるか。
・広瀬と理衣の愛の行方?

20年前、圭太と理衣が待ち合わせ場所にした東京タワー。
広瀬が理衣との待ち合わせに東京タワーを指定したんですよね。
圭太くんと理衣の思い出の場所を、私たちの思い出の場所にしたい、ってなんかそんなニュアンスで言ってた覚えが。

なんてドラマティックでロマンティック。

ひとまず解決した理衣の離婚騒動。
最終回は、「さようなら」と指輪と手紙を置いていった絵恋を探すところから始まりそうですね。



■結社に入る
どこか楽しそうな結社はないものかとぐるぐる回っていたところ、
エアライダーの結社を発見。
最初ってやはりドキドキしますよね。
ストームライダーズの皆さま、どうぞ宜しくお願いしますね。

■のだめカンタービレ03
映像特典は「プリごろ太 宇宙の友情大冒険」映画完全版。
見ての感想。

さすが、いい加減(笑)

プリリンの秘密もわかったので、おお、なるほど土星ってそうなのかーっとビックリしました(笑)
ドラマとかアニメの中でもちょっとずつ流れてたものが、ここでようやく繋がったな、って感じでまぁまぁ楽しめましたね。

■ちびまる子ちゃんの
エンディングが最近ちょっとお気に入り(笑)

■テナーサックスの
消音器がようやく発売!
これで家でもじっくり練習が出来る~

だってうちって、全く防音されてないし。
くしゃみしたぐらいで隣近所に響き渡るくらいの素敵な壁です(笑)

■次回予告■
明日は久しぶりにバトンでも回答してみようかと思います。
玲樹くん、頂きました!

でも、かなり恥ずかしいですよ、これ……(照れながら)

ZARDと私

何やら小学生が書くような作文のタイトル。

ほんとは先月この話題で書きたかったのですが、あまりにも衝撃を受けすぎて触れたくなかったというのもありまして……。

でも、書いておかなくてはと今回頑張って書いてみました。



私はよく冗談というか、半分本気だったのですが、


ZARDのようなPLを目指す


見たいな事を各所でよく書いていました(笑)

写真だけの存在。
動画もライブのDVDだったり、PVだったり。
写真を撮られる事に対して少し照れが入っていて、ジャケットなんかも横顔が多かったり、何気ない仕草だったり……。

別に物凄くファンだったとか、そういう事ではないんですけど、
知らないうちに楽曲は聴いてたんですよね。
大半の皆さんがそうなんじゃないかな、と思います。

そんな坂井さんがもういないというのは…… ほんと信じられなくて。



●彼女ののこしてくれたもの

淋しくて 切なくて
あの日の悲しい思い出は
過去のものになろうとしているけれど
でもそれは じぶんの心を後押ししてくれる筈

空を見上げていたら 急に涙が溢れ出してきてしまって
もっとしっかりと向き合えば良かった なんてもう後の祭り
後悔するぐらいなら前見て進め ケ・セラ・セラだよ
そう笑って言ってくれた あの日が懐かしい

嬉しくて 恋(いと)しくて
あの日の楽しい思い出も
いつの日か忘れてしまうかもしれないけど
でもそれは みんなの心に響いている筈

素敵な思い出をありがとう
未来の泉へと繋げていくよ 貴女ののこした心の曲(ワード)



不完全版、森山のオリジナル詩で相当拙いものではありますが、
故・坂井泉水さんへ捧げたいと思います。

ご冥福をお祈り致しております……


■そういえば
先日仕事をしていて右から左へと電気が走りまくりました。
受け流す事は出来なかったんですが(笑)なんかちょっと体の中が活性化されたような、そんな気分です。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。